ブログ | オーガニック美容院 Entelecheia 【下北沢駅徒歩2分】

  • エンテレケイアについて
  • 美容院コース・価格
  • 美容院予約
  • スタイリスト紹介
  • オーガニック契約農家
  • スタッフブログ
  • オーガニック製品紹介
  • 美容院へのアクセス方法
  • お問い合わせ

Blog

嬉しいお知らせです

6月よりエンテレケイアで一緒に働いてくれる仲間の登場です

出会いはindeyさんのヘナ講座でした

出会ってすぐにお店に来店してくれたりして

波長の合う素敵で美しい美和子さん

旅人なのでなかなか最近会えずにいたのですが

先日、伊豆、銀河オートキャンプ場で行なわれた

dance of shiva にて indeyさんにお誘いを受けて
一緒に出店させて頂き、あおぞらサロンで楽しいひと時を共有。すんなり話がまとまり来月より
時々サロンにたってくれます。

エンテレケイア2年目の物語〜

楽しみになってきました

Miwako mayumi プロフィール
 
吉祥寺 下北沢ジャックデサンジュ美容室で フレンチカットデザインを学び 毎年海外旅行していました。シンガポール 香港 グアム サイパン フィリピン フランス イギリス イタリア 
 
茅ヶ崎に 暮らし 女の子二人の 子育てをしながら 老人施設 ホスピスで 出張美容の仕事をして 2011年震災の辺りから 心と体のバランスを崩し いったんお休みのち インドの植物ヘナに出会い パーマカラーのケミカル薬液の使用を辞め 内側からの美しさを引き出す美容に シフト   
離婚を きっかけに 茅ヶ崎古民家で アトリエサロン nijitane を 立ち上げ 植物の力をかり 体を緩めることで 深いリラックスに導くオリジナルセッション 他 ヘナアート タロットセッションを 始める。 
沖縄の自然 人のあたたかさに 触れ ヘナの種をまき 畑仕事をしたり 三線を習ったり 地元の方々との 交流を深め 沖縄での 拠点を 探しつつ 昨年から海外の旅を再開 ヘナ畑 工場見学にインドへ ジャングルでの暮らしを体験にハワイ島へ 大自然のパワーを受け 風を感じながら 世界中 ヘナとカットで 飛び回っています。

皆さまよろしくお願いします kaori

ハマナスの季節がやってきました

ハマナスとはローズヒップの花びらでwild roseとも言われます

北に自生するバラです

去年ハマナスのオーダーをきっかけにご縁が始まった、ハマナス鍋島園の中村さんご夫妻との交流

鍋島園にも二度ほど足を運んで、すっかり大ファンになりました

中村さんご夫妻の愛情たっぷりで育った、ハマナスやハーブたち

エンテレケイアでのハーブリンスは中村さんのものを使用させて頂いています

ハマナスは採れる時期が限られてる為、待ちに待ったシーズンの到来です

その香りの美しさと色の鮮やかにうっとり

前回人気だったハマナス塩を今年は多めに作り、早速お客様にも大好評です。

そして天然発酵蜂蜜との相性もバッチリです

ハマナスのお酢も色が鮮やかです

中村さんご夫妻いつもありがとうございます

自然の恵みに感謝

happy new moon
5月26日 双子座の新月でした

好奇心旺盛なこの新月は新しい事を始めるのに最適。情報収集力や行動力も増します

おかげ様でエンテレケイアも先日一周年を迎えました。open partyが遠い日の様にこの一年で様々な展開がありましたが、2年目も新たなチャレンジ、新しい発信をしていきたいと思います。

そして2年目の発信第一弾は国産アロマ YUIKAのご紹介です。

先日、いつもいらして頂いているYUIKAインストラクターの島崎さんから講座を受けてきました。

蜂蜜、野草茶、ハーブに続き、次なるアイテムは国産アロマの導入です。

アロマになかなかたどり着けなかったのですが、YUIKAの黒文字の香りを嗅いだ時にこれだ!って直感が。勉強意欲に繋がりました。

森は何故長く生きられるのか?
みなさん知っていますか?

アロマのおかげだそうです。

その話を聞いて、YUIKAの稲本正先生は世界の森を旅してアロマを勉強して、飛騨高山にオークビレッジを作り、そこで国産のアロマを作っています。森の旅、森の人 の作者でもあります

まだまだ知りたいことが沢山のオークビレッジ、YUIKAの香り 深い世界観です。

6月より導入予定です。お楽しみに

美しい芍薬の季節がやってきました
大好きなお花のひとつです

根が消炎、鎮痛、抗菌、止血、抗けいれんなどの薬用効果があり、漢方では葛根湯でお馴染みの花

そんな芍薬の学名はピオニー
ギリシャ神話の医療の神パイエオンに由来します

出産の女神レト。最高神ゼウスとの間に太陽の神アポロンと月の神アルテミスを生んだ女神ですが
出産する時の陣痛を和らげるために芍薬の根を使ってその痛みを軽減したことから、ゼウスに認められ名声が高まったのですが、同じく医術の神でパイエオンの師であるアスクレピオスがそれに嫉妬しパイエオンを殺してしまう。

というなんともギリシャ神話らしいのですが、レトはその悲しみからパイエオンを芍薬の花に生まれ変わらせたのです。

その為に芍薬の根には薬用効果があるという言い伝えられています

身近にあるものの中にもギリシャ神話が眠っています

朝の日の出と共に花を開き、夕方になり日が傾いてくると花を閉じてしまいます